子ども未来がっこう 強みの視点

春って緊張しませんか?

投稿日:

新しい季節のはじまりは、緊張しますね。

 

新年度。

春は、ほどんどの人が新しい環境に変わりますね。

クラス替えがあったり、新しい学校へ入学したり、

異動、転勤、転向。

 

人前で自己紹介をする機会も多くなりますね。

もしかして、あなたも緊張していますか?

 

緊張というのは、ネガティブな台本に支配された状態からくる感情です。

「~しなければならない」「~してはダメだ」「私は~な人間だ」

こういう概念や信念、価値観のことを

子ども未来がっこうでは “台本” と呼んでいます。

 

緊張しているあなたは、もしかして

「上手くできなかったらどうしよう・・・」

「失敗してはダメだ」

「私は人前が苦手だ」

と、思い込んでいませんか?

 

それ、事実ではありません。単なる思い込みです。

 

上手くできなかったとしても、一生懸命読んでいるあなたを軽蔑する人なんていません。

多少失敗したって、命までは取られません。

人前が苦手なのは、ネガティブな台本が働いているからなのです。

 

緊張しないコツは、台本から解放されること

ネガティブな台本が働いていると、心だけではなく体も反応します。

胸がドキドキしたり、手に汗をかいたり、体が震えたり。

そんな状態では、せっかくの実力を出し切ることはできません。

 

今、緊張しているあなたは、どんな台本がかくれているのか、

ちょっと考えてみてください。

台本に気づくだけで、だいぶ解放されます。

 

人は長所で尊敬され、短所で愛される

っていう言葉があります。

失敗って、意外と可愛く思えますよね。

 

小さな子どもの言い間違いや、ドジな猫なんて、とても癒されます。

 

失敗しても大丈夫。

愛されポイントが貯まるだけです。

 

さらに効果的な “台本の書き換え”

ネガティブな台本から解放されたら、もう一歩進んでみませんか?

今まで緊張していた場面を、チャンスに変えます。

 

失敗しても大丈夫!って思えるようになったら、次は

「上手くできたら、自分をアピールするチャンスだ!」

という台本の書き換えをすると、ワクワクしますよね。

 

上手くできたら尊敬される、失敗しても愛される。

 

何か行動を起こすということは、いいことばかりなんですよ。

 

 

もし、自分一人で上手く台本の書き換えができないな~と思う人は、

こちらをのぞいてみてくださいね。

おかあさんのための子ども未来がっこう 台本書き換えコース

 

タイトルは“おかあさんの”ってなっていますが、

おかあさんじゃなくても、きっと役に立ちます。

-子ども未来がっこう, 強みの視点

Copyright© 日本強み研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.